Voxeldance Additive

インポートモジュール

殆んどすべてのファイルフォーマットを対応してCADファイルから3Dプリンター用ファイルに変換できる。インポートできるフォーマットは下記のファイル形式を含む。
CLIファイル(*.cli)、 SLCファイル(*.slc)、 STL(*.stl)、 3D Manufacturing Format(*.3mf)、 WaveFront OBJファイル(*.obj)、 3DExperience(*.CATPart)、 AUTOCAD(*.dxf、 *.dwg)、 IGES (*.igs/*.iges)、 Pro/E/Croファイル(*.prt、 *.asm)、 Rhinoファイル(*.3dm)、 SolidWorksファイル (*.sldprt/*.sldasm、 *.slddrw)、 STEP ファイル (*.stp/ *.step)など。

修復モジュール

強力な修復ツールによる3Dデータから水漏れなく完璧なプリンティングができる。

  • ファイルの不具合などを検出する機能を提供している。
  • 一回クリックすると自動的にファイルを修復できる。
  • 半自動化的なツールであった修復モデルは下記の機能が付きます。
  • 法線の修復、三角形の縫込み、穴埋め、ノイズシェルの除去、交差点の除去、外部表面の包み等。また、手動的に様々なツールを利用してファイルを修復できる。

オリエンテーション&パッキングモジュール

オリエンテーション&パッキングモジュールをご使用してプリンティングフラットフォームが効率的に用意できる。例えば、移動、回転、方位設定最適化&比較器、3Dネスティング、サボネスティングと焼結ボックス作りなどたくさん機能が搭載される。


3D ネスティング

レーザー焼結時間とコストを節約

パーツを自動配置

最適化したアルゴリズカーネルにより入れ子が数秒ぐらい仕上がり。

焼結ボックス機能

小さくて壊れやすいパーツを保護する為、外にケージを組み立てられる。さらにパーツが手軽に取り出される。

サポート生成モジュール

複数のサポートタイプが選べる。ボリュームサポート、ラインサポート、ポイントサポート、バーサポート及びスマートサポートを含める。重要なサポート領域をプリビュー&判定することができる。次のサポート生成にスクリプトを用意してパラメタデータを完全に把握することもできる。


ボリューム&ライン&ポイントサポート

非ソリッドで単ラインサポートを通して組み立て時間を短縮。穿孔用パラメタをチューニングすることで材料を節約。


バーサポート

高精細な小型モデルを支える柱状サポートに工夫を凝らす。鋭い接触点との構造でパーツ表面の品質が向上される。


スマートサポート

人のミスを回避、材料を節約、後継処理時間を短縮。

トラス構造設計

材料強度を十分に利用した上、材料を節約。

最低限サポートを生成する為に

材料節約且つサポート除去便利。

接触点最小化

サポートを簡単に取り除いて表面品質いい。

編集モジュール

Voxeldance Additiveが色んな手法でお客様のファイルを効率的に最適化。ロゴとテクスチャ(縞)とラティス(格子)付き、ブール演算、フリーカット、Z補正など。


ラティス

何回もクリックするとラティスが作成出来、材料低減、仕上がり軽量化。

  • 構造種類が九つも選ばれる。必要として任意のパラメタをセットアップ可。
  • パーツを中空にし軽量な材料を充填したり。
  • パーツに穴を開け、余計な粉末を取り除いたり出来る。

分析モジュール

分析モジュールを使い、ファイルを精査、測定し、完璧なプリンティングに至る。分析モジュールは衝突・トラップ容積検査、壁厚さ分析・測定という機能を含める。


壁厚さ

対象パーツの厚さを分析して、潜在問題がはっきり分かる。


トラップ容積

トラップ容積検出が容易くて部品の再配置や穴あけは要らない。

トップへ戻る